マイクロプラスチックに関する環境教育プログラムについて

2017-06-26
Pocket

八戸工業大学と国立研究開発法人海洋開発研究機構(JAMSTEC)などが連携し、小中学生向け環境教育プログラムの確立を目指します。
このプログラムは、海洋環境に影響があるとされる大きさ5mm以下のプラスチックである「マイクロプラスチック」を調査対象とし、若い世代の海洋への関心を高めることを目的としています。このプログラムでは、小中学生による浜辺での調査やアプリの開発、ウェブサイト上での調査結果の発信を計画しています。

この取り組みは、6月ニューヨークで開催された「国連海洋会議」のボランタリーコミットメントに登録されました。

プログラムの協力団体
・八戸工業大学
・国立研究開発法人海洋開発研究機構(JAMSTEC)
・東海大学海洋学部
・東海大学海洋科学博物館
・八戸市教育委員会
・八戸市水産科学館マリエント

詳細につきましては、以下をご覧ください。
八戸工業大学ウェブサイト JAMSTECなどと連携するMPに関する環境教育国際プログラムを提案

Pocket