「第56回 環境フロンティア研究会」を開催いたしました

2017-02-27
Pocket

2月20日(月)「第56回 環境フロンティア研究会」を産学連携プラザにて開催いたしました。

始めに、積水化学工業株式会社の井上将男課長より「下水熱利用システムについて―エスロヒート下水熱―」と題して、下水熱利用の概要・動向、積水化学工業(株)のシステムと取り組みの概要、仙台市・新潟市・滋賀県・大津市・宮城県における6件の事例についてご講演いただきました。

続いて、八戸工業大学土木建築工学科の金子賢治教授、同学科3年の小笠原亮介さんと城内一輝さんが「産学官連携による土木系デザイン教育プログラムの改善と実践―八戸市花小路の整備計画を中心に―」と題して、取り組み内容をご紹介しました。土木工学コースの授業では、4グループが八戸工業大学敷地(学校法人八戸工業大学総務課と連携)、1グループが八戸市中心市街地(八戸市、株式会社まちづくり八戸等と連携)を対象に課題を実施したとのことです。

最後に、前田建設工業株式会社東北支店の大野孝参与より「仙台空港特定運営事業等―コンセッションによる東北の活性化―」と題して、仙台空港でのコンセッション、仙台空港の現状と将来のイメージ、マルチモーダルハブ、料金施策と施設整備、安全・保安体制等についてご講演いただきました。

 

▼花小路商店街の整備計画につきましては、以下の記事をご覧ください▼
八戸市中心市街地のまちづくりに関する覚書調印式および第1回目講義の開催
平成28年度「花小路整備の調査・計画」報告会を開催しました

 

 

 

 

 

Pocket