平成28年度「花小路整備の調査・計画」報告会を開催しました

2017-01-23
Pocket

1月20日(金)、八戸工業大学土木建築工学科土木工学コースの3年生による平成28年度「花小路整備の調査・計画」報告会を産学連携プラザにて開催いたしました。

「花小路整備の調査・計画」は八戸工業大学、八戸市と株式会社まちづくり八戸の連携事業です。同コースの3年生が授業の課題として平成28年度~平成29年度にかけて取り組みます。平成28年度は滝田大陽さん、城内一輝さん、佐々木麻衣さん、小笠原亮介さん、坂下光さん、太田健一さんの6名が花小路の改善案の作成を目指しました。本事業の概要と1回目の授業につきましては、こちらの記事をご覧ください。

報告会では、測量を基に作製した高低差や距離などを示す図面と模型、印象改善に向けたデザイン面からの提案(タイル、色彩、照明など)、花小路の印象、聞き取り調査の結果、路面凍結防止にヒートパイプの施工、花小路のPR方法(看板、ヒートパイプ、パンフレットなど)を紹介・報告いたしました。本年度は測量などによる現状把握に時間を費やしたが、次年度の学生には大胆なデザインを期待したいとのことです。

今後も本学学生の取り組みにご注目ください。
(花小路につきましては、八戸市観光情報サイト 八戸観光Navi「花小路」をご覧ください。)

 

 

 

 

 

 

Pocket