【公開講座】開催しました!「サイエンスサロン ~光科学技術を生かして液晶ディスプレイを作る~」

2016-12-05
Pocket

11月27日(日)、産学連携プラザにて、公開講座「サイエンスサロン~光科学技術を生かして液晶ディスプレイを作る~」を開催しました。

八戸工業大学電気電子システム学科の関秀廣教授と佐々木崇徳講師による本講座は、平成28年度八戸工業大学公開講座の一つで、八戸市教育委員会との共催です。

参加者は関教授から液晶と作業工程の説明を受けた後、液晶ディスプレイの作製に取りかかりました。液晶ディスプレイは、透明電極付きのガラス板を使用しています。 時間の都合上、基盤の作製を行えませんでしたが、電池を繋いだ液晶ディスプレイが完成し、映像が表示されました。
作業の合間には、関教授が視覚のマジックについて画像や道具を用いて紹介し、参加者は興味津々で聞き入っていました。

 

▼八戸工業大学教員のプロフィール
関秀廣教授
佐々木崇徳講師

img_2426  img_2427

img_2428  img_2439

img_2441  img_2445

img_2448  img_2459

img_2465  img_2470

img_2455   img_2452

Pocket